笑顔

鉄分の摂取

疲れ

鉄分を摂取する方法

貧血はヘモグロビンが不足することにより、体内に酸素が行きわたりにくくなっている状態です。それにより、疲れやすい、だるい、動機・息切れ、顔が青白くなるなどの症状が起こります。貧血は4種類に分類されますが、ここでは、鉄欠乏性貧血の改善について述べます。 貧血を改善していくには、栄養バランスに気を付けることが大切です。特に鉄分を摂ることです。鉄分は牛、豚、鳥などの肉類、レバー、マグロ、イワシ、カツオなどの魚類などに多い非ヘム鉄と鶏卵、アサリ、しじみ、ほうれん草、大豆、プルーンなどに多いヘム鉄に分類されます。ヘム鉄の方が吸収率が高いです。他にも鉄分だけではなく、たんぱく質、葉酸、ビタミンB12、B6、B2も大切ですビタミンCと非ヘム鉄を一緒に摂ると吸収率が良くなります。また、鉄分を含んでいるサプリメントも販売されているのでこれを利用するのもお勧めです。

鉄分を摂取する際の注意点

貧血には鉄分を食事やサプリメントで摂ることが大切と述べましたが、注意する点もあります。それは、摂取し過ぎないように気を付けるということです。摂取上限量も決まっていてそれ以上の鉄分を摂ってしまうと体調不良を起こすこともありますので摂取量に注意して下さい。また、お茶やコーヒーに含まれるタンニンという成分は鉄分の吸収を阻害するので、食事中や食後30分以内に飲むことは避け、鉄分のサプリメントは水やぬるま湯で飲むようにしましょう。また、治療中の方が、サプリメントを利用する際は、医師に相談してからにして下さい。